診療科・部門案内

検査部

スタッフ

検査部長 : 古川 福実(院長)
検査部副部長 : 山中 雄介
臨床検査技師 : 19名
採血専任看護師 : 数名
視能訓練士 : 2名
医療事務スタッフ : 数名

検査部紹介




臨床検査課

多くの検査項目には、それぞれ基準範囲とよばれる健常な人の多くの検査値が分布する範囲があります。従って、検査値がその範囲から逸脱する場合には何らかの病気の可能性が高まります。その量的異常から病気の発見や診断を行なったり、治療効果を判定する際の指標として利用します。


* 精度管理 *

検査データが途切れなく安定して測れるよう、メンテナンス、試薬の品質管理や測定状態のチェックを行なって日々の機械の状態を監視しています。

写真: X-bar管理図 Clinilan Labo System A&T


* 生化学検査 *

体液(血液、尿など)に含まれるバイオマーカー(酵素系、脂質系、糖、蛋白、有機物系、電解質系等)量を測定します。バイオマーカーの多くは検査試薬と反応し色調が変化します。自動分析装置を使い吸光度変化を観測し濃度を算出します。



* 免疫血清検査 *

主に血液を使用して、B型肝炎・C型肝炎・AIDS・梅毒などの感染症、腫瘍マーカーや甲状腺ホルモンなどの測定を行っています。自動分析装置を使い抗体と抗原による免疫反応を利用して目的物質を検出し、標識した化学物質の発光強度を観測し濃度等を算出します。

  

写真:左 生化学免疫自動分析装置(比色法・CLIA法)
 TBAc16000 キャノン・メディカルシステムズ、アボット ジャパン
写真:右 全自動免疫分析装置(ELISA法)
 ミュータスワコー i30 冨士フィルム和光純薬



* 血液検査 *

酸素の運搬に関わる赤血球、免疫系に関わる白血球、止血に関わる血小板やバイオマーカー(凝固因子・線溶因子等)を自動分析装置にて測定します。量的・質的異常が疑われる場合には、病気によって出現する異常細胞に傾向があるため顕微鏡を用いて血液を目視し異常な血液細胞の同定を行なっています。

  
写真:左 全自動血球算定装置 XN3000、塗沫染色装置 SP10 シスメックス
写真:右 全自動凝固分析装置 CP3000 積水メディカル


* 輸血管理 *

安全に輸血を実施するのに必要な血液型、不規則抗体、交差適合試験などの検査を実施しています。また、血液製剤を一元管理(発注・在庫管理、期限管理、品質管理、副作用の監視報告)する役割を担っています。


写真:全自動輸血検査装置
ORTHO VISION オーソ・クリニカル ダイアグノスティクス


* 一般検査 *

主に尿の検査を行なっており、他にも便潜血反応、髄液検査、関節液検査等があります。尿検査は尿定性(蛋白、糖、潜血などを定性的に示す検査)と尿沈査(尿中の赤血球、白血球、細菌、細胞、その他物質を調べる検査)に分けられます。尿沈渣はまず自動分析装置に定量評価を行います。量的な異常や機械で判断できない物質が出現しているものは顕微鏡を用いて目視して同定しています。

  
写真:左 全自動尿中有形成分分析装置 UF1000i シスメックス
写真:右 全自動尿分析装置 US3500 栄研化学


* 中央採血室 *

血液検査に必要な採血やインフルエンザウイルス検査などに使用する鼻咽頭拭い液などを採取します。採血手技は検査データに影響を与えます、また、検査ごとに適切な採取管(薬剤入り)や必要量が異なりますので、技術を持った人員が採取を行なっています。採取から検査報告までバーコードを用いてオートメーション化しているため患者さんひとりひとりの検査データを確実に報告できる体制を構築しています。


写真:全自動採血管作成装置 i pres with 小林クリエイト


* 微生物検査 *

微生物検査室では、患者さんに感染症を引き起こす原因となる菌の特定を行い、どの抗菌薬が有効かを検査しています。また、病院内での感染症や耐性菌の発生・拡大予防のため感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)と抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team:AST)の一員として活動し、患者さん、ご家族、地域の皆さん、職員の安心・安全を守るために活動しています。

・安全キャビネット
ウイルス、細菌など感染性物質はこのキャビネット内で取り扱います。キャビネット内が陰圧に保たれることで外気を吸入し、特殊なフィルターを介して浄化した空気を外へ排出します。検査実施者の安全の確保と微生物による環境汚染を防止する役割があります。


写真:BHC-T701-Ⅱ AIRTECH


・質量分析装置
これまで細菌検査において菌名を決定するためには一日培養したコロニーから確認培地を用いてさらにもう一日培養していましたが、一日培養したコロニーより菌名を決定することができます。2015年に大阪府下でトップクラスの速さで導入しました。


写真:MALDI-TOF-MS BRUKER


・血液培養分析装置
血液中の微生物の存在を検出する装置です。菌血症、敗血症の原因菌を早期に検出しベッドサイドへ報告しています。


写真:BACTEC FX 日本ベクトン・ディッキンソン

・薬剤感受性自動分析装置
微量液体希釈法で細菌に対してどの抗菌薬が効くかを検査しています。


写真:MicroScan WalkAway40 plus 日本ベクトン・ディッキンソン

・リアルタイムPCR装置
遺伝子を増幅させるために温度の上げ下げを行いながら蛍光を読み取り、目的の微生物の遺伝子を検出します。


写真:QuantStudio5 Thermo Fisher Scientific

・全自動遺伝子検査装置
QuantStudio5では検体の抽出、抽出液と試薬の混和を手作業で行う必要がありますが、これらを自動で行い目的の微生物の遺伝子を検出します。


写真:TRCReady-80 東ソー


生理機能検査課

患者さんから分泌される体液・組織等を検査する検体検査とは異なり、生理機能検査は、患者さんの身体を検査します。人から発せられる生体信号を読み取ったり、超音波を用いて体の内部を読み取ったり、運動や色々な呼吸負荷を行い心肺の状態を調べます。超音波検査、心電図、運動負荷心電図(ホルター心電図、心肺運動負荷試験(CPX)、血圧脈波、肺機能検査(VC、FVC、FRC、DLCO、呼吸抵抗)、呼気ガス(NO)測定、PSG検査/解析、CPAP治療遠隔SDカード管理、脳波検査、神経伝導速度、ABR、聴力検査、平衡機能検査、内臓脂肪測定などの検査をしています。


・超音波検査
超音波を体に当て、返ってきた信号を読み取り体内を画像化します。心臓(経胸壁、経食道、運動負荷)、腹部、血管、体表、造影超音波検査などをしています。

  
写真:装置 各種エコー検査


・運動負荷心電図検査・心肺運動負荷試験 CPX
ランニングマシーンや自転車のような機械を用いたり、歩いたり階段を上り下りするような方法で心臓に負荷をかけた状態で調べます。負荷を行なうことで異常を発見しやすくする方法です。

  
写真:左 トレッドミル
写真:右 エルゴメーター


・肺機能検査(VC、FVC、FRC、DLCO、呼吸抵抗)




・脳波検査や神経伝導速度検査


写真:脳波計 筋電計


臨床検査技師 認定資格

・認定救急検査技師
・緊急臨床検査士
・認定超音波検査士
・認定心電図専門士
・認定血液検査技師
・認定骨髄検査技師
・認定臨床微生物検査技師(CMTCM)
・感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)
・細胞検査士
・国際細胞検査士
・日本糖尿病療養指導士
・医療情報認定技師

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL