HOME > 当院の特色 > 緩和ケア病棟 > スタッフステーション便り
緩和ケア病棟

スタッフステーション便り

バックナンバー

ある日の緩和ケア外来  (平成29年10月2日)

 暑い夏もやっと過ぎ、少しずつ過ごしやすくなってきましたね。
  緩和ケア病棟でも蝉の鳴き声がいつの間にかコオロギの鳴き声に変わっていました。
  当病棟は入院患者様をケアする病棟ですが、当科の診察室では緩和ケア外来も行われています。
今日はその緩和ケア外来の流れをご紹介したいと思います。
  当緩和ケア外来は完全予約制です。初診の方の多くはかかりつけ医や入院中の病院からの紹介でご本人様やご家族様が来院されます。
まずは本館で受付をしていただき、赤い屋根の緩和ケア病棟へ!

  本館の受付で渡された書類を持って、緩和ケア病棟ナースステーションにお越し下さい。

  書類を渡した後、デイルームのソファーでしばしお待ちいただきます。その間に、簡単な問診票のご記入をお願いしています。



ボランティアからお茶のサービス。
ほっとひと息!!夏には冷茶が出ますよっ



なにやら手招きしているお医者さんが登場。

こちらが緩和ケア病棟医長の木元医師です。当外来は2名の医師が担当しています。
アットホームな雰囲気で先生と緩和ケア病棟師長がお話しを伺います。

  痛いところはどこですか?
  辛い症状はありませんか?
  食欲はありますか?
     ・・・などなど
診療時間は30分から40分くらいです。気分が悪くなったら、いつでもおっしゃって下さいね。
いざとなったら病棟の看護師が助っ人に参上します!
医師や看護師に聞きたいことがありましたら遠慮なくどうぞ!

診察が終わった後は、ご希望に合わせて当科の看護助手が病棟内をご案内します。
病棟での生活のことなど何か尋ねてみたいことがありましたら、ぜひ聞いてみて下さい。
 ・お風呂はいつ入れるの?
 ・付き添いはできるの?
 ・面会時間は何時まで?
 ・ご飯はどんなん?
 ・コワーイ看護師さんいる?
・・・・・・いろいろな質問OKです



全て終了したら書類受け取って本館へ。
 お疲れ様でした!!





緩和ケア外来には当病棟に入院を希望される方だけではなく、当科を退院後に外来でお薬などを貰いながら在宅療養を続けている患者様もいらっしゃいます。
時には主治医から緩和ケア病棟を勧められたけれど、決められずに迷っている患者様やご家族様もいらっしゃいます。
そのような方も一度外来にいらして下さい。ご相談にのれることがあるかもしれません。

温かい雰囲気でお迎えすることをモットーに、今日も診療開始です!!
                          

当院の特色

地域医療支援病院

大阪府がん診療拠点病院

緩和ケア病棟

産婦人科病棟

治験事務室

医師臨床研修

医療機器の紹介

広報誌 日赤の森

各種教室

糖尿病情報

訪問看護ステーション

医療体験ブラック・ジャック セミナー

トピックス

外来・入院案内診療科・部門案内当院の特色地域医療連携
このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL