診療科・部門案内

リハビリテーション科


基本方針 施設基準
治療方針 スタッフ紹介
実習生受け入れ状況 稼働実績
ワンポイント アドバイス 外来診療担当表

医師一覧

部長 馬止 裕
医師 :服部 智
リハビリテーション科の基本方針

リハビリテーション科施設基準
  • ・心大血管疾患リハビリテーション(Ⅰ)
  • ・運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • ・呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • ・脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • ・がんリハビリテーション
リハビリテーション科の治療方針
  • 1.急性期病院としての役割を果たします。
  •  ○入院患者さまを主な対象とし、病気やケガを発症した方、手術前後の方、症状が急変した方などの
    早期治療を実施しています。
  •  ○外来患者さまは、原則として当院で手術を受けられ、退院後も一定期間、ハンドセラピーなどの
    治療が必要な方のみ実施しています。

  • 2.治療内容:リハビリテーション治療は医師の指示の下、3つの療法を単独あるいは組み合わせて
    実施します。
  • A)理学療法:理学療法では、『起きる、座る、立つ、歩く』などの日常生活で必要な動作の獲得を
    目指します。手段として運動療法や物理療法などを用います。
    当院では、すべての入院患者さまに対してリハビリテーションを実施できる体制を整えています。
    整形外科手術後の運動機能の回復リハはもちろんのこと、呼吸療法認定士や心臓リハビリ
    テーション指導士の資格を持った理学療法士を中心に、呼吸器疾患や循環器疾患のリハビリ
    テーションにも力を入れております。
    また、訪問リハビリテーションや救命救急センターにスタッフを派遣し、幅広い分野で活動して
    います。
 

  • B)作業療法:作業療法とは、日常生活のなかの応用動作、具体的には食事・排泄・入浴・更衣・家事
    動作・趣味活動などの獲得を目指します。
    手段としては、直接的な動作の練習・動作の獲得を目的に各種作業を使った練習・スプリント療法・
    自助具及び補装具の作製などを行います。このため、一人一人「大切な事は何か」を患者さまと共
    に見つけ出し、再び獲得できるリハビリテーションを行っています。
 

  • C)言語聴覚療法:「話すこと」・「聞くこと」・「表現すること」・「食べること」に不自由を感じ、困って
    いらっしゃる方を支援するリハビリです。
    当科では、主に「食べること」を練習(嚥下訓練)して栄養状態が悪化しないように、かつ、誤嚥して
    肺炎にならないように患者さまの回復を図ります。
    栄養サポートチームの一員として入院患者さまへのチーム医療を実施しております。
    現在、外来での患者さまはお受けいたしておりません。
 
スタッフ紹介(2017年4月現在)
医師 2名 理学療法士 13名 作業療法士 4名 言語聴覚士 2名 
    氏名 役職・職種 学会認定資格・講習会修了など
    馬止  裕 リハビリテーション科部長 がんのリハビリテーション研修会修了
    服部  智 リハビリテーション科医師(非常勤)  
    野村 省二 リハビリテーション課長
    理学療法士
    3学会合同呼吸療法認定士
    心臓リハビリテーション指導士
    がんのリハビリテーション研修会修了
    初級障害者スポーツ指導員
    ボバース成人片麻痺基礎講習会修了
    認知神経リハビリテーション学会認定マスターコース修了
    倉繁 浩一 第2理学療法係長
    理学療法士
    認定理学療法士(呼吸)
    健康運動指導士
    3学会合同呼吸療法認定士
    がんのリハビリテーション研修会修了
    ボバース成人片麻痺基礎講習会修了
    福祉用具プランナー
    井上 環 理学療法士 がんのリハビリテーション研修会修了
    ボバース成人片麻痺基礎講習会修了
    呼吸ケア指導士
    新地 史章 理学療法士 3学会合同呼吸療法認定士
    がんのリハビリテーション研修会修了
    岸田 尚子 理学療法士 3学会合同呼吸療法認定士
    がんのリハビリテーション研修会修了
    日本赤十字社救護員講習修了
    不破 賢太郎 理学療法士 3学会合同呼吸療法認定士
    心臓リハビリテーション指導士
    がんのリハビリテーション研修会修了
    福祉住環境コーディネーター2級
    濵田 敦 理学療法士 がんのリハビリテーション研修会修了
    菊池 直人 理学療法士 がんのリハビリテーション研修会修了
    地域包括ケア推進リーダー
    介護予防推進リーダー
    行本 鉄平 理学療法士 3学会合同呼吸療法認定士
    福祉住環境コーディネーター2級
    須々木 梓 理学療法士 がんのリハビリテーション研修会修了
    松元 綾梨 理学療法士  
    内田 美菜子 理学療法士  
    住友 優理子 理学療法士  
    八木 紀子 作業療法士 3学会合同呼吸療法認定士
    がんのリハビリテーション研修会修了
    ボバース成人片麻痺基礎講習会修了
    福祉用具プランナー
    AMPS認定評価
    日本赤十字社救護員講習修了
    山﨑 孝子 作業療法士 がんのリハビリテーション研修会修了
    赤十字救急法指導員
    日本赤十字社救護員講習修了
    石塚 威 作業療法士 3学会合同呼吸療法認定士
    がんのリハビリテーション研修会修了
    ボバース成人片麻痺基礎講習会修了
    ボバース成人片麻痺上級講習会修了
    大下 綾華 作業療法士 がんのリハビリテーション研修会修了
    福祉住環境コーディネーター2級
    椎葉 佳子 言語聴覚士 がんのリハビリテーション研修会修了
    認知症ケア専門士
    大路 かほる 言語聴覚士 がんのリハビリテーション研修会修了
    NST専門療法士
    日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
各療法士養成学校からの臨床実習生受け入れ状況(2010年~2013年)
理学療法養成学校 大阪行岡医療大学
藍野大学
大阪河崎リハビリテーション大学
関西福祉科学大学
大阪医療福祉専門学校
履正社医療スポーツ専門学校
作業療法養成学校 藍野大学
京都大学
リハビリテーション科稼働実績(療法別:但し訪問リハビリは除く)
     

ワンポイントアドバイス

「ぎくり!」腰の痛み

老いも若きも、腰にきますと、それこそ身動きがとれません。多くの方が一度は経験されたのではないでしょうか。
直立歩行をし始めた人類に付き物の病気かも知れません。幸いなことに、急性腰痛の9割は2週間以内に治って
しまうという調査結果があります。特別な病気でなければ、しばらく様子をみることになるでしょう。このとき、強い
痛みのある最初の2,3日は安静にする方がよいのですが、少し痛みが減れば、逆に少々動いた方が痛みは早く
良くなるのです。無理のない範囲で動いて見てください。ただし、重い物を持ったり、体をねじったり、振動を与え
たり(バイクに乗るなど)することはやめてください。
腰痛の残りの1割は、様子を見ていてもちっとも治らないということになります。普通の腰痛でも治りにくい場合が
ある以外に、ちょっと重大な原因が隠されている場合があります。椎間板ヘルニアや背骨の骨折がそれぞれ4%、1%がガンやリウマチ、2%が腎臓などの内臓の病気です。だから、いつかは治るだろうと言ってないで、まずは
整形外科を受診してください。そこで、きちんとした診断を受けてから、痛み止めを飲んだり、リハビリテーション
を受けたりしてください。

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL