診療科・部門案内

形成外科

トピックス

 シミ(顔)のレーザー治療(ルビーレーザー)を行っています。
詳しくはこちら

医師一覧

部長: 田辺 敦子
医師: 引網 梨奈
医師: 尾崎 裕次郎
医師: 三井 俊人

特色

形成外科では、下記のような疾患に対応しております。
外傷: 顔面・全身のけが, 顔の骨折やその後の変形,やけど, けがや手術後の傷あと
腫瘍: 皮膚のできもの, ほくろ, 血管腫, ケロイド腫瘍切除後の変形に対する再建
潰瘍: 床ずれ, 治りにくい傷・潰瘍, 皮膚軟部組織の壊死
先天奇形: 唇裂口蓋裂, 指の奇形(多合指), 耳の奇形, でべそ 他
母斑:

扁平母斑、太田母斑、異所性蒙古班、外傷性刺青【保険診療】
しみ【自費診療】
美容 他: まぶたの下垂, 逆まつげ, シミ, 陥没乳頭, 乳房再建,顔・おなかのたるみ, 隆鼻, 陥入爪, 腋臭症, ピアス など

ピアス

耳介部は、当院のチタン・シリコン製軸のピアスを用い、ピアッサーでピアス孔を開ける場合と ご持参いただいたピアスを用いる場合があります。また、他部位では、ピアスをご持参いただきます。 自費治療となっており、未成年の患者様では、保護者の方の同意書が必要となります。

傷跡の治療

外傷や手術などの傷跡の治療も行っております。 傷跡はなくなることはありませんが、ある程度目立ちにくくすることはできます。症状により方法や治療期間は異なってきますので、治療の詳細につきましては、受診いただいてからご相談ください。

眼瞼下垂症

眼瞼下垂症とは、まぶたが上がりにくく視野が悪い状況で、それに伴い肩こりや頭痛がおこってくることもあります。 眼瞼下垂症には、先天性と後天性があります。後天性では外傷によるもの、顔面神経麻痺などその他の疾患によるもの、加齢性の変化などいくつかの原因が考えられます。 手術治療で改善する場合も多いですが、元々の疾患の治療が必要な場合などもあります。保険治療適応の疾患で、後天性の場合は、一般に局所麻酔手術で対応可能です。


レーザー治療(ルビーレーザー)


   皮膚内部のメラニン色素を効果的に破壊することに優れているレーザー治療です。
傷跡を残さずにメラニン色素のみを安全に治療ができるので、周囲の正常な皮膚を傷つけることはありません。
また、患部をすばやくカサブタ化へと導き、可能な限り炎症を抑えた治療を行うことができます。ただし、レーザーが無効である色素沈着等では、レーザー照射が行えない場合があります。

◎レーザー治療を受けられる方へ
 ◎レーザー治療Q&A
◎治療費(自費)はこちら


※ 当院で対応できない疾患につきましては、適切な病院をご紹介させていただきます。

スタッフ一同 ご満足のいただける医療の提供を心がけていきたいと考えております。
ご不明な点などございましたら、形成外科外来までご相談ください。

形成外科 田辺敦子
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医
皮膚悪性腫瘍指導医専門医

 

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL