診療科・部門案内

整形外科


人工関節について 前十字靱帯について
骨切り術について 脊椎疾患について
関節リウマチについて 骨粗鬆症について
外来診療担当表

医師一覧

部長 小田 幸作
副部長 市場 厚志
副部長 徳山 文人
医師 池田 邦明
医師 石谷 貴
医師 岸本 郁男
医師 :阿部 宗昭

特色

外傷や整形外科一般は当然の事ながら、関節外科、脊椎外科、関節リウマチなど手術・治療経験の豊富な医師が、かかりつけ医と連携しながら 専門的治療を行い、急性期治療基幹施設として地域の医療施設と協同して治療にあたっています。




人工関節(変形性関節症および関節リウマチの手術療法)

変形性膝関節症、変形性股関節症および関節リウマチの治療法には、『保存療法』と、『手術療法』があります。
『保存療法』は、手術をせずに、薬や運動などによって関節の症状をやわらげる治療法で、主に薬物療法、運動療法、装具療法があります。
『手術療法』には、人工関節全置換術、骨切り術、内視鏡手術などがあります。
治療法は、患者さんの病気の種類、関節の損傷程度、年齢、筋力の程度、体重、日頃の運動量、職業、本人の治療に対するモチベーション、 治療に費やせる時間などを考えて判断されます。しかし、最終的に治療法を決めるのは患者さん自身です。 積極的に治療に参加し、医師や家族とよく相談して決めましょう。


【人工膝関節置換術】
人工膝関節は最新の生理的に近い機能再建と、耐用年数が長く一人ひとりの関節の形に合う人工関節を用いることにより、 患者満足度の高い手術をめざしています。




【人工股関節置換術】
人工股関節はなるべく股関節周囲の重要な筋肉を温存しMIS(Minimally Invasive Surgery)を症例に応じて施行しています。


  

前十字靭帯の治療について

前十字靭帯は、膝の前方への動きや、ねじれを制動しています。そのため、切れたまま放置していると、膝関節の異常な動きが残るため、後になって、軟骨の摩耗や、新たな半月板損傷をきたす可能性があります。

  • 1. 手術を受ける前に
    手術は、けがのはれ、痛みが軽減して、曲げ伸ばしがスムーズにできる程度に回復した時期に行います。通常、受傷後1か月前後が目安になります。
  • 2. 手術について
    前十字靭帯は、切れた端を縫い合わせても癒合しません。そのため、採取しても影響のない、自分の組織を利用します。通常、太ももの内側にあるすじを採取して、前十字靭帯の代わりになるように移植します。手術は内視鏡を用いて行います。
  • 3. 入院について
    2週間前後の入院で行っています。
  • 4. 手術後の経過
    手術の翌日からトイレに行くことができます。松葉杖は、手術後、約1か月使用します。軽いジョギングは手術後3~4か月から、スポーツへの復帰は8~12か月をめどにしています。
高位脛骨骨切り術について

対象症例: 変形性膝関節症、膝関節骨壊死

この手術は、膝の軟骨が摩耗しているか、壊死に陥っている方が対象となります。あしがO脚となっているため、膝の下の部分で、脛骨(すねの骨)を骨切りして、O脚変形を矯正する手術です。O脚に変形した膝を正常の角度に矯正し、膝の内側にかかる負担を軽減することにより、摩耗した軟骨の治癒を促進します。骨切りしたところには、人工骨を挿入し、金属のプレート、ネジで固定します。
人工関節置換術とは異なり、関節が温存される利点がありますが、初期から中期病変の方が対象となります。


 〈手術前レントゲン〉 〈手術後レントゲン〉

脊椎疾患の診断と治療

頸・胸・腰椎の各種の疾患に対する疼痛や、神経障害による運動機能障害などを改善させる治療を行っております。


○腰椎椎間板ヘルニアに対する小侵襲内視鏡手術
 (2cm程度の小皮切で手術が済み、1週間程度で退院が可能)。

○脊椎変性疾患に対して症例毎に検査評価を行い、硬膜外ブロック、神経根ブロックなどを含めた保存治療、あるいは手術治療 (椎弓切除術や椎弓形成術、脊椎固定術など)を行います。



「関節リウマチ」について

 関節リウマチは、関節に起こる炎症がもたらすつらい痛みや腫れ、変形を特徴とする病気です。 また、微熱やだるさ、食欲不振などの全身の症状に悩まされることもあります。炎症の慢性化により、関節の骨や軟骨が破壊され、 関節が変形してしまうと、日常生活に支障をきたし寝たきりになることもあります。
 ウイルスや細菌など“抗原”といわれる異物が体外から侵入してくるときに、体内で“抗体”という武器をつくり、異物を攻撃し排除する しくみを免疫といいます。 関節リウマチは、いまのところはっきりした原因はわかっていませんが、免疫の異常が関わっていることは確かなようです。 なんらかの原因で免疫の機能に異常が起こると、からだのなかの大切な成分を異物とみなして抗体をつくってしまい、自分自身を攻撃することがあります。 これを自己免疫疾患といい、関節リウマチは、この疾患のひとつとされています。



* 関節リウマチの早期診断とエコー *
薬物治療の進歩とともに関節リウマチの早期診断の重要性が広く認識されエコーの進歩ととも普及してきました。 ごく早期の病変を把握できる画像診断として、MRIやエコー検査は単純X線画像ではわかりにくい病変やびらんに有効です。 これまでエコー検査では骨びらんは単純X線に比較して関節リウマチの早期では6.5倍、進行期でも3.4倍の検出感度を持つとされ、 造影MRIによって診断された滑膜炎をエコー検査パワードップラーモードでは感度88.8% 特異度97.9%で検出します。 パワードップラーモードは疾患活動性と良く相関することが示されています。
当科では水曜日15:00よりエコー外来(完全予約)を行っています。



右示指PIP関節側面(グレースケール)
関節の腫脹が認められる



右示指PIP関節(パワードップラー)
滑膜炎の増殖が認められる
骨自体に浸潤しており骨びらんと考えられる




  • ■患者さまへ



  • ○生物学的製剤
  • 免疫の異常に働きかけ、進行を抑える抗リウマチ薬や炎症を抑える非ステロイド性抗炎症薬の他に早期に関節破壊を防ぐ治療薬、生物学的製剤(TNF阻害薬)も使用しています。

    点滴

    皮下注射


  • ■医療関係者の方へ



  • 骨粗鬆症新時代 - 骨折予防のための診断と最新治療 -

    このような骨折は 「 骨粗鬆症 」 が原因かもしれません
     骨粗鬆症で臨床的に最も大きな問題となるのは骨折であり、骨粗鬆症は中高齢者における骨折の最大の原因疾患となっています。 椎体骨折や大腿骨近位部骨折は死亡リスクも増大し、寝たきりにもつながり、要介護者の患者本人だけでなく、その介護者である家族の負担や介護問題などの 社会負担を増大させる疾患のひとつでもあります。その骨粗鬆症治療の最大の目的は、骨の脆弱化を極力食い止め、その骨折リスクを低減することです。
     当院では骨量や骨代謝マーカ―の検査を定期的に行って骨粗鬆症であるか、またはその危険性があるかをチェックします。
    またその結果にあわせてどういう治療をしていくのかを患者さん個人にあった治療計画を作成し、適切にアドバイスします。
     又、骨粗鬆症治療薬に関しては、骨折予防効果も高く、副作用の比較的少ない最近の骨粗鬆症の薬もとり入れておりますので、ご相談下さい。


    * 骨粗鬆症に関するリンク先 *

    ■ いつのまにか骨折 (Eli Lilly Jappan K.K.)
      http://www.itamiru.jp/itsunomanika/



    各学会認定の認定医・専門医教育指定等状況

    -整形外科-
    日本整形外科学会専門医制度研修施設
    日本手の外科学会関連研修施設
    日本リウマチ学会教育施設

    このページの先頭へ
    高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL