診療科・部門案内

栄養課

入院中のお食事 チーム活動 チーム活動

入院中のお食事

■ 食事数とお食事

1回当たりの平均給食数350食(1050食/日)

朝食 8:00

朝食はパンもしくはご飯を選択できます。

朝食(ご飯) 朝食(パン)
昼食 12:00
昼食
夕食 18:00

並食はメニューを選択できます。

夕食(A) 夕食(B)
イベント食

季節をお食事の中で感じていただく為、イベント食を行なっています。
お食事と一緒にカードを添え、目でも楽しめる工夫を行っています。
※PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

産婦人科出産お祝い膳

お祝い膳 出産を終えられた方に1日も早い回復と、お子様の健やかな成長を願って月、水、金に祝い膳を提供しています。

ミキサー食

ミキサー食 ミキサー食はミキサーで食材と液体をドロッとさせた状態のもので嚥下、咀嚼障害のある患者さんへのお食事として提供しています。

このページの先頭へ

栄養相談

■ 栄養相談(完全予約制)

栄養相談イメージ

糖尿病、高血圧などをはじめとする生活習慣病の食事療法の継続的な実施は簡単なようで意外と長続きしにくいようです。
当課管理栄養士により、一人一人に合った食事のとり方(食事療法)についてお話致します。各科外来にて主治医の先生に申し出てください。

<栄養相談時間帯>
9:15?
10:30?
13:00?
15:00?

このページの先頭へ

チーム活動

病院においては、一人一人の患者さまの栄養状態を評価し、栄養状態の改善が必要な患者さまにおいては、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士がチームを組んで活動することで状態の改善、QOL(生活の質)の向上に努めています。そのチーム活動の中心となって活動しています。

病棟でのカンファレンス

カンファレンスイメージ ・糖尿病教育入院パスカンファレンス
・COPD(慢性閉塞性呼吸不全)カンファレンス

病棟でのカンファレンス医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士のメンバーにて週に2回カンファレンスを実施しています。

NST活動

摂取量が低下したことで栄養障害のある方や経腸栄養を実施されている方、嚥下障害のある方の身長・体重・症状・検査データ等を基に患者さまに合った栄養補給方法を嗜好も考え、チームで検討しています。

NST勉強会

週に1回勉強会を行っています。

褥瘡対策チーム回診

毎月第3月曜日に医師、WOC認定看護師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士のメンバーで回診を行なっています。

栄養管理実施加算による患者さまの栄養管理

入院された患者さまの身長、体重、食事の摂取量等から栄養状態を確認し、その改善の為に病室へ伺い、嗜好調査を実施しています。

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL