診療科・部門案内

血液腫瘍内科

医師一覧

部長 安齋 尚之
副部長 岡田 睦実
副部長 坂本 宗一郎
非常勤医師 :田嶌 政郎
非常勤医師 :恩田 佳幸

特色

血液疾患の診療とクリーンルーム

 クリーンルーム     
免疫機能が低下した造血幹細胞移植やがん化学療法の患者さんが入院される際には、感染のリスクを避けるためクリーンルームに入室いただいています。
当院のクリーンルームは個室に4床、4人部屋が2部屋で8床の合計12床として従来の3床から2018年に増床しました。 塵埃に付着した細菌や真菌が外部から侵入しないよう室内を陽圧に保ち、 室内を循環する空気は高性能フィルターを通すことで個室ではクラス1000、4人部屋ではクラス10000の清浄度を維持しています。
また、室内にトイレ、シャワールームも設置しています。 4人部屋の窓からは、枚方方面まで望める開放的な眺望をご覧いただけます。


 血液疾患の診療 
血液腫瘍内科では造血器悪性腫瘍を中心に、以下のような疾患の診療を行っています。

   > 急性骨髄性白血病  > 急性リンパ性白血病  > 多発性骨髄腫  
   > 悪性リンパ腫 (ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫、成人T細胞白血病)
   > 慢性骨髄性白血病  > 骨髄増殖性疾患  > 骨髄異形成症候群  > 再生不良性貧血
   > 自己免疫性溶血性貧血  > 巨赤芽球性貧血  > 特発性血小板減少性紫斑病
 

造血幹細胞移植 ]
当血液腫瘍内科では高齢な方も含め積極的に造血幹細胞移植を治療の選択肢に取り入れています。
血液塗沫標本と白血病

日常の白血球分類検査を自動の機械に頼るだけでなく、技師が顕微鏡で調べる(直接検鏡)ことにより、白血病などの血液疾患が発見されます。別の病気の疑いで受診した患者さんにおいても、通常の血液検査でこのような病気が偶然発見され、早期の治療に結びつくことも、まれならずありました。

各学会認定の認定医・専門医教育指定等状況

~血液腫瘍内科~
日本血液学会認定血液研修施設

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL