診療科・部門案内

医療技術部 臨床工学技術課

課・スタッフの紹介 業務内容 医療機器研修
業務実績 対外的実績

臨床工学技士(CE:Clinical Engineer)とは

 病院には、医師、看護師をはじめ多くの医療スタッフが働いています。その中で医療機器を専門に取り扱う職種です。
 現在の医療現場では医療機器の高度化・複雑化が進んでおり、臨床工学技士はこれらの医療機器が常に正常に機能するために 点検・修理を行い、またこれら医療機器を医師の指示のもとに操作・補助し、医療機器の持てる力を100%引き出し患者さまに 安全で効果的な医療につなげていく役目を担っています。 また医療現場では、チーム医療の一員として医療機器を通して医師・看護師や他のメディカルスタッフのサポートを行います。
 臨床工学技士は1987年5月に制定された「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。

課の紹介

  当院臨床工学技術課は、法を遵守し、日本臨床工学技士会「臨床工学技士基本業務指針」に則って臨床工学技士業務を行っています。

スタッフ紹介

臨床工学技術課

課長■中田 祐二医療機器安全管理責任者
    ・臨床工学技士
    ・3学会合同呼吸療法認定士
    ・透析技術認定士
    ・MDIC認定(医療機器情報コミュニケーター)
スタッフ■臨床工学技士 (7名) 
    ・3学会合同呼吸療法認定士 (1名)
    ・第2種滅菌技士認定 (1名)
    ・第1種ME技術実力検定試験合格 (1名)
 ■主事 (1名) 

課の業務内容

* 血液浄化療法での業務 *
当院ではあらゆる血液浄化(人工透析、血漿交換、LCAP、GCAP)に対応しています。
血液浄化療法室では、現在ベッド数10床で運用しており、それらの治療にかかわることはもちろん、 使用される血液浄化装置や透析装置の操作、点検や管理、透析に使用される水処理装置の日々の管理を行っています。


* 循環器関連の業務 *
  【ⅰ.心臓カテーテル検査及び経皮的冠動脈形成術関連業務】
心臓までカテーテルを進めて心臓の機能を見たり、造影を行ったり、特殊なエコー装置で血管の状態を確認したりする検査です。 またこの結果、狭心症や心筋梗塞などの原因である血管の狭窄や閉塞がある場合、血管を広げる治療を行います。 この時に使用される装置(IVUS、ポリグラフ、体外ペースメーカー)やデバイス(バルーン、ステント、ワイヤー)などの医療機器を操作、管理、物品出しなどを行います。 重度な心不全状態の患者さまには IABP や PCPS などの補助循環を用い、また心肺停止に陥った場合に脳保護目的に使用する低体温療法の設備など、最善の治療を常時行える体制を整えています。


  【ⅱ.ペースメーカー植え込み及び外来関連業務】
不整脈のため日常生活に支障がある、または生命に危険がある場合、ペースメーカーを植え込みます。 このペースメーカーの術中の設定を行い、その後のペースメーカーのバッテリー残量や動作確認、その後の設定変更などを行います。



  【ⅲ.在宅酸素療法、在宅人工呼吸器関連業務】
心不全や睡眠時無呼吸症候群などの疾患に対し、在宅での酸素療法・人工呼吸器の導入時の装置設定や、退院までのトレーニングのお手伝いをします。


* 内視鏡室関連での業務 *
内視鏡下と放射線透視下で行われる消化管や気管支の検査において、主に内視鏡検査機器の準備、点検、立会いを行い、安全な検査を行える環境を提供しています。



* CGM(持続グルコース測定)関連での業務 *

※CGMイメージ

 腹部など皮下組織に専用のセンサ(電極)を装着し、間質液中グルコース(ブドウ糖)濃度を連続的に測定するCGMの機器管理を行っています。
 また、CGMによって得られたデータを抽出・処理して血糖の推移をグラフ化するなど可視化し、医師を中心としたチーム医療「CGMサイクル」の一端を担っています。



※データイメージ

* 救急室内での業務 *
救急室内では輸液ポンプ、シリンジポンプ、12誘導心電図、エコー装置、除細動器や人工呼吸器など様々な医療機器があります。 これらの医療機器がいつでも安全に使用できるよう管理しているのはもちろんのこと、重症患者さまが来られた場合は臨床工学技士も機器の操作をメインにチーム医療の一員として診療、治療のバックアップを行っています。



* HCU(ハイケアユニット)内での業務 *
HCUでは集中治療を必要とする患者さまのために整備された特別な電源ユニット、ベッドサイドモニターなどから、 人工透析装置、補助循環装置や人工呼吸器など生命維持管理装置など高度管理医療機器の操作、管理、運営を行っています。 また、これらの医療機器を用いた集中治療の必要な患者さまに専門家としてかかわることで、チーム医療の重要な一端を担っています。



* 医療機器管理部門 *
当院の医療機器管理の中心といえる場所です。ここでは当院の管理する輸液ポンプ、シリンジポンプ、フットポンプ、人工呼吸器や除細動器など あらゆる医療機器を管理しており、その数は約1,000台にもなります。また定期点検や修理も行っており、 急な機器トラブルがあっても迅速に対応し、常に安全で安心して医療機器を使ってもらえる環境を提供しています。




* 中央材料室業務 *
中央材料室では滅菌、洗浄機器の日常点検、保守管理を行っています。 朝一番に滅菌、洗浄機器の立上げを行い、機器に異常がないかを点検します。また洗浄薬液の管理を行い、適正な薬剤濃度で洗浄が行えるよう管理しています。 患者さまに使用する機器、材料の滅菌保証向上に努めています。





 医療機器、鋼製小物、および材料の
 機能チェック、メンテナンスを行っています。

 手術や病棟で使用する清潔機器の安全性の向上に
 努めています。



* 手術室での業務 *
臨床工学技術課では手術室にある多種多様の医療機器・材料の管理を行っています。




院内の約40%をしめる手術室にある医療材料の適正管理に努めています。



電気メス、シリンジポンプ、輸液ポンプ、そのほか手術室にある
全ての医療機器は臨床工学技士による定期点検が行われています。




  

  手術機器は使用前に点検を行っています。



 全身麻酔に用いられる麻酔器は
 立上げから術中に正常に作動しているか
 点検を行い、術中の安全性向上に
 努めています。



 











 内視鏡手術の立会い
消化器外科、呼吸器外科、泌尿器科、婦人科、整形外科などで行われる鏡視下手術には、臨床工学技士が鏡視下装置をセッティングし立会いを行っています。


院内外の研修について

















院内メディカルスタッフに対し、多くの医療機器に関する研修会を行っています。 医師、看護師向けの人工呼吸器、除細動器の研修会などでは実践さながらのシナリオを作成してチームの連携を深めながら研修します。 また新しい機器が導入される時や新入職者が入る時期などは、あらゆる医療機器の基礎から応用までの研修会を実施しています。 スタッフは常に向上心を持って業務に励み、定期的な学会、勉強会での発表や、医療機器メンテナンス研修会・勉強会に参加しています。

業務実績


  
 

対外的実績


■第69回 日本循環器学会・学術集会 ポスター発表
平成17年3月21日 
「PCI中血液透析濾過における造影剤の除去と腎保護の有用性」
発表者:中田祐二

■第47回 日本赤十字社医学会総会 ポスター発表
平成23年10月20日
「MTX大量投与により発生した腎障害をHDF+DHPが改善させた一例」
発表者:中田祐二

「原発性マクログロブリン血漿に対して、DEEPが腎保護に有効だった一例」
発表者:吉岡健太郎

■第76回 日本循環器学会学術集会 一般演題
平成24年3月16-18日
「VVIRとVVI-CLSとの無加速度運動時の心拍応答と平均血圧の変動の比較」
発表者:中田祐二

■第48回 日本赤十字社医学会総会 一般演題
平成24年10月18日
「無加速運動におけるDDDR(VVIR)とDDD-CLS(VVI-CLS)の心拍応答比較検討」
発表者:中田祐二
共同演者:岩田雄平、浅野潤子、久保慎太郎、吉岡健太郎

■第27回 日本不整脈学会学術集会 一般演題
平成24年7月6-7日
「リード抵抗が正常範囲内を示しながらもリード異常によりペーシングフェイラーを発生しシステム交換に至った1例」
発表者:中田祐二

■日本赤十字社臨床工学技士会 第4回全国研修会 ワークショップ
平成25年4月13日
医療機器の共同購入について考える
「当院におけるテルモからニプロへの輸液ポンプ・シリンジポンプの変更について」
発表者:中田祐二

■ TCC発表 一般演題
平成25年4月25日
「リード抵抗が正常範囲内でありながらもリード損傷と考えられた1例」
発表者:中田祐二 1)
共同演者:吉田真希 1)、嘉数隼人 1)、岩田雄平 1)、浅野潤子、久保慎太郎 1)、吉岡健太郎 1)
     岡本文雄 2)、片桐直子 3)、土居裕幸 3)、野木信平 3)、大塚宏治 3)、大中玄彦 3)
   [臨床工学技士1)、救急科医師2)、循環器内科医師3)]

■第49回 日本赤十字社医学会総会 ポスター発表
平成25年10月18日
「当院でのCEの手術室業務介入とその関わりの有用性」
発表者:吉岡健太郎

■日本医療マネジメント学会大阪支部 第7回学術集会 一般演題
平成26年2月15日
「手術室医療機器、及び材料マネジメントにおけるCEの関わり」
発表者:吉岡健太郎

■第78回 日本循環器学会学術集会 一般演題
平成26年3月21-23日
「ペースメーカー患者のリード抵抗、閾値の変化率によるリード不全早期発見の検討」
発表者:中田祐二

■日本赤十字社臨床工学技士会 第5回全国研修会 シンポジウム
平成26年4月13日
「MDICについて スペシャリストとして認定を取得する」
発表者:中田祐二

■第60回日本透析医学会学術集会 ポスター発表
平成27年6月26-28日
「長い完全閉塞病変に対してのエコーガイド下VAIVTが有効であった1例」
発表者:中田祐二
共同演者:大中玄彦

■第1回日本呼吸器ケア・リハビリテーション学会 近畿支部学術集会 一般演題
平成27年8月22日
「ハイフローセラピーの使用上の注意点に関する検討~臨床工学技士の視点から~」
発表者:中田祐二

■第63回日本心臓病学会学術集会 ポスター演題
平成27年9月18-19日
「両側肺炎を合併した重症虚血性心不全に対しAPRVが有効であった一例」
発表者:中田祐二
共同演者:堀口幸祐、吉田真紀、岩田雄平、久保慎太郎、吉岡健太郎、土居裕幸、大中玄彦

■第37回 日本手術医学会総会 一般演題
平成27年10月2-3日
「手術室におけるME常駐の効果」
発表者:岩田雄平

■第6回日本赤十字社臨床工学技士会近畿ブロック研修会 ワークショップ
平成27年11月21-22日
「臨床工学技士の業務拡大への道のり」
発表者:久保慎太郎

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL