診療科・部門案内

皮膚科

医師一覧

特色

皮膚科の治療
 アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、接触皮膚炎、尋常性乾癬、水疱性類天疱瘡、尋常性ざ瘡などの 炎症性皮膚疾患、帯状疱疹、蜂窩織炎、白癬などの感染性皮膚疾患、円形脱毛症、陥入爪など 皮膚付属器疾患、また、褥瘡、足潰瘍、皮膚腫瘍、化学療法による皮膚障害などの診療を行っています。

  • □ 尋常性乾癬に対する生物学的製剤治療の日本皮膚科学会認証施設です。難治症例に対して、 適応を見極めた上で、慎重かつ積極的に導入しています。
  • □ 皮膚腫瘍に関しては、ダーモスコピーおよび組織検査を併用して、確実な診断が可能です。 良性・悪性にかかわらず、診断を積極的に行い、治療に関して手術を要する場合は形成外科と 連携して診療を行っています。
  • □ 褥瘡、糖尿病性足潰瘍などの皮膚潰瘍の治療も積極的に行っています。陰圧閉鎖療法 (NPWT)も適応を見極め積極的に行っています。植皮、皮弁などについては、形成外科と適宜、 相談しています。
  • □ 下肢の紫斑や潰瘍など血管炎を疑う症状は、すぐに組織検査を行い、早く診断が得られるよう 努力しています。血管炎に関しては、必要があれば免疫内科にも相談し、供に診療にあたります。
専門外来〔褥瘡外来〕について
当科では皮膚・排泄ケア認定看護師と皮膚科医師が患者さまの在宅ケアについて一緒に考え、その人にあった治療・ 予防ケアができるように努めており、患者さまとご家族が快適な日常生活を送れるようにサポートしております。
各学会認定の認定医専門医教育指定等状況

日本皮膚科学会認定専門医研修施設

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL