診療科・部門案内

検査部

スタッフ

検査部長 千葉 渉(副院長)
臨床検査技師 :19名
採血専任看護師 :数名
視能訓練士 :2名
医療事務スタッフ :数名
検査部紹介

検査部には臨床検査課(生化学検査・免疫血清検査・血液検査・輸血検査・細菌検査、一般検査)
生理機能検査課中央採血室があります。


臨床検査(検体部門)

検体検査では約10年前より順次システムのオートメーション化や電子カルテ導入が行われ現在ではより一層の精度アップと効率化が進んでいます。

* 生化学検査 *
血液を遠心分離した後の血清、尿中の検体のタンパク、酵素、脂質、糖などの各種成分を自動分析装置を用いて測定します。


* 免疫血清検査 *
感染症(HCV抗体、HBs抗原、HBs抗体、梅毒、HIV抗体)、各種腫瘍マーカー免疫グロブリンなどの測定を行っています。



* 血液検査 *
血液検査では、酸素の運搬に関わる赤血球、免疫系に関わる白血球、血を止める働きをする血小板など、 これらの数や形を自動分析装置や顕微鏡などを用いて、血液に異常がないかを調べています。



* 輸血検査 *
主に血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験を行っています。









* 一般検査 *
一般検査では主に尿、便潜血の検査を行っており、尿検査は尿定性検査(蛋白、糖、潜血などを定性的に示す検査)、 尿沈査(尿中の赤血球、白血球、細菌、上皮細胞を調べる検査)に分けられます。尿沈渣はまず全自動尿中有形成分分析装置にかけ定量評価を行います。機械で判断できないものは顕微鏡で目視しています。その他に便潜血反応、髄液検査、関節液検査を行っています。














* 細菌検査 *
微生物検査室では、患者様に感染症を引き起こす原因となる菌を検査し「原因細菌は何か?」「どの抗菌薬が有効か?」などを特定し 臨床側に報告しています。また、病院内での感染症の発生・拡大の予防のため、検査法や消毒法などについての専門知識を生かし、感染対策予防チーム(ICT)の活動や院内感染対策委員会(ICC)などを通じて患者様の療養のための安全な環境作りのお手伝いをしています。















生理機能検査

7人の臨床検査技師と事務員1名の計8名が業務を行っています。エコー検査などは待ち時間を軽減させるため予約検査が主体ですが当日の至急検査にも対応できます。 また各種資格取得や外部勉強会への参加、医師を交えての腹部エコー、心エコーカンファレンスなどスキルアップへの取り組みを行っています。

* 生理機能検査 *




























認定資格等

? 臨床検査技師 各種認定資格?
   ・ 日本糖尿病療養指導士
   ・ 認定血液検査技師
   ・ 超音波検査士(腹部、心臓)
   ・ 緊急検査技師

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL