診療科・部門案内

麻酔科

医師一覧

部長 辻井 英治
医師 芳野 かほり

麻酔について

 手術を受けるために必要となるのが麻酔です。
小さな手術、例えば、手を切ったときに、お医者さんに外来で“縫いましょう。”と言われたとき、 その場で傷口に直接麻酔薬を注射します。これは局所麻酔と言われています。
大きな手術、例えば、お医者さんに“胃を切る必要があります。入院して手術室で麻酔をかけて手術をします。” といわれた場合の麻酔は全身麻酔と言われる麻酔が必要となり、麻酔科が担当し、麻酔医の出番となります。


全身麻酔までの流れ

①術前診察
麻酔科医は、いきなり手術室で麻酔を行なう訳ではありません。手術することが決まった後、手術前に診察をさせていただきます。
簡単な身体のチェックと今までにどんな病気にかかったことがあるか、全身麻酔を経験したことがあるか、 現在どんな病気があり、どんな薬を飲んでいるかなどを患者さんにおたずねします。 難しいことはたずねませんし、詳しくわからなくても大丈夫です。

②麻酔方法の説明
術前診察で、麻酔をしても問題ないと判断した場合、麻酔方法の説明に入ります。
麻酔方法には全身麻酔・硬膜外麻酔・脊椎麻酔・神経ブロック・静脈麻酔など様々な方法があります。
患者さんの手術前の状態に応じて、あるいは、手術中・手術後の安全性や快適性を考え、これらの方法を単独で行なう場合と併用する場合があります。
ほとんどの大きな手術では全身麻酔が必要となります。ここでは全身麻酔をとりあげて、説明させてもらいます。

③全身麻酔
大きな手術を行なうには、手術を受ける人を次のような状態にしなければ、手術を行うことはできません。
  ☆ 眠ること(鎮静)
  ☆ 痛みを抑えること(鎮痛)
  ☆ 手術の刺激に体が動かないようにすること(不動)
以上の3つの状態を得るために、麻酔医は薬剤を使います。催眠薬鎮痛薬筋弛緩薬吸入麻酔薬などです。

 実際に、全身麻酔と手術の経過を示した方がわかりやすいので、以下に簡単に解説していきます。

全身麻酔と手術の経過
退室した患者さまの流れ

手術室を退室すると、HCU(ハイケアーユニット:準集中治療室)と呼ばれる部屋に帰るか、 病棟の観察室あるいは元の部屋に帰ることになります。手術中や手術直後の患者さんの状態によっては、 手術前に聞かれていた場所と違う場所に帰ることもあります。

☆ 手術を終えられた患者さんの一番の悩みは痛みだと思われます。
実際に、手術前に患者さんとお話をしていてよく頼まれるのも、“手術後に痛くないようにしてください。”ということです。 そのために硬膜外麻酔といった鎮痛のための麻酔を使用したり、神経ブロックといったものを併用します。 術後も主治医により点滴などで痛み止めを投与します。

麻酔科医の願い

全身麻酔は患者さまの意識を無くし、性命(いのち)としての身体メカニズム維持と安全の維持をすべて麻酔科医にゆだねる状態となります。 そういった状態を覚悟して手術をされる患者さまの思いを受け止め、麻酔医は、より安全に手術を受け、手術室から帰られるよう努めております。
手術後にできるだけ早く回復され、元気に退院できることを願っております。

各学会認定の認定医・専門医教育指定等状況

?麻酔科?
日本麻酔科学会麻酔科認定病院

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL